ニャンドゥティ刺繍のワークショップ

昨日の土曜日はmfさんでのニャンドゥティ刺繍のワークショップに参加してきました。

講師はBotanico Botanica の久野さんです。

久野さんとは、数ヶ月前に友人に紹介していただき、お話する機会がありました。私も刺繍をしているので、刺繍つながり
ということで紹介していただいたのですが、その時に初めてパラグアイの刺繍「ニャンドゥティ刺繍」というものを見せていただきました。久野さんは数年前にアルゼンチンに滞在している時に、この刺繍と出会い、現地で習ってきて、日本に帰国されてからも、刺繍の製作を続けられています。

私はこの繊細な刺繍を、是非教えていただきたいな、という思いつきから、mfさんでワークショップをしていただくことをすぐにお願いしてしまいました。快く講師を引き受けてくださった久野さんに感謝です。
募集をかけたらすぐに応募の方も集まって、本当にうれしかったです。



この刺繍は中米らしく、カラフルな糸を使うのが特徴です。
詳しくは 久野さんのこちらのサイトをご覧ください。


さてさて、肝心のワークショップのことですが、下の写真が見本で、ニャンドゥティ刺繍でブローチを作りました。
放射状に渡した糸に、別の糸をくぐらせて模様を作っていきます。布をあまりすくわないので、織物に近いかな。


f0191451_02163220.jpg
こちらは、参考に持ってきていただいた作品。
久野さんが着ていらしたスカートもきれいなピンクの生地にニャンドゥティ刺繍が施されていて、とても素敵でした。

f0191451_02165392.jpg
カラフルな糸。
f0191451_02164766.jpg


3時間ほどで皆のブローチが完成。糸の組み合わせで雰囲気が変わりますね。
ちなみに私のは、手前の右の水色とピンクのものです。

初めての刺繍、そして久しぶりのワークショップの参加、とても楽しかったです。講師の時はやはり緊張するので、今回は単純に楽しめました!

f0191451_02170090.jpg
*************************************

それから、またまたオーダーいただいたおむつポーチ。きのこのガラガラも。サテンのリボンは、タグタグが好きな赤ちゃんのために。
うちの兄さんも、まだ、タオルのタグを触りながら眠りにつきます。

f0191451_02170636.jpg



f0191451_02171441.jpg


お家ではクリスマスツリーを飾っています。今年は弟君がやたらにキラキラのボールをつけたがり、いっぱい買わされました~。
でも、意外に華やかなのもいいかも。
f0191451_02172406.jpg

今年の新メンバーはダーラナホースに乗ったこの子。
f0191451_02172990.jpg

日に日に寒くなり、クリスマス気分も高まってきました。

by uzumuu | 2014-12-07 17:48 | Comments(2)
Commented by kuno at 2015-01-24 17:59 x
uzmさん ワークショップのご紹介、そしてご参加ありがとうございました。すぐ近くに座っていただいてとても心強かったです。そして素敵なおむつポーチをありがとうございます。先日、無事、お渡しする事が出来てとても喜んでもらえました。友人によるとおむつとおむつ替えに必要なものたちがスッキリ入ってとても使いやすいそうです。今年はぜひuzmさんのワークショプに参加させていただきたいです
Commented by uzumuu at 2015-02-02 01:19
●kunoさんへ

こちらこそ、ワークショップではお世話になりました。ブローチは時々洋服につけて楽しんでいますよ。ありがとうございました。

おむつポーチはお友達に喜んでいただけて良かったです♪
私のワークショップはまだ予定を立てていないのですが、近々やりたいと思っているので、その時は是非!
<< アドベントカレンダー Rolfs Pladsさんでの... >>