ハンガリー風

 ハンガリー刺繍のお花の柄に惹かれて、自分流に色やお花の組み合わせを変えて刺繍しています。なので、ハンガリー風刺繍。お土産ものの刺繍を見ると、赤、青、黄などの原色が多いです。

 このお花の柄に惹かれるのは、異国情緒が感じられるからでしょうか。ヨーロッパでもなくアジアでもなく、敢ていうなら中東ぽい感じ?

 

 ところで、このお皿は、前にトルコに行った時に買ったものですが、図案がハンガリーのお花と似ている、と気づきました。歴史を見ると、オスマン帝国はハンガリーあたりも支配していたようで、そんな影響もあるのでしょうか。


 イスラム教は偶像崇拝を禁止しているからか、植物までも写実的ではないのでしょうか。興味深いです。


 
f0191451_1202261.jpg
f0191451_1202995.jpg


 とりあえずサシェを作りましたが、大きめのものも作ってみるつもりです。
by uzumuu | 2009-03-21 00:45 | Comments(2)
Commented by かめれおん at 2009-03-21 10:14 x
んーこの刺繍はかなりいいです。見てて心が落ち着く感じ。
写実的ではない模様ってなんか人間の心の深いレベルに訴えかける気がします。すべては結局点と線だったりするのかも。なんてなんかスピリチュアルなことを考えてしまうような芸術作品でした。しかも使えるところがさらにいいかも。
Commented by uzumuu at 2009-03-23 13:02
●かめれおんさんへ

心の深いレベルに訴えかける、ですか。なるほど、そういう部分もあるかもしれませんね。モスクの中に施されているアラベスク模様なんかは、もっとそのような強いメッセージを感じるかも。

そう、私が作るものは使ってもらうものだから、少し柔らかい感じにしたいかな。
<< エコバッグ 色と抽象と具象 >>